スタッフ紹介

小原久典(ハリー)

サラリーマン時代はアメリカとカナダで合わせて8年間余りを過ごし、休日には西海岸のアウトドアアクティビティーにどっぷりとはまる。また友人や同僚を招いてのホームパーティーで料理の腕を磨き、和と北米の素材を組み合わせた味の研究に情熱を燃やす。

 

長いサラーリーマン生活を経て約10年前に脱サラ、奥さんが始めたアウトドア会社・アドベンチャーディバズに合流、以来二人三脚で関東エリアを主な拠点にして山遊びの楽しさを参加者に伝え続けている。

 

アドベンチャーディバズでの担当は、山のサポートと料理。とりわけ制限の多いテント泊料理では、海外の豊富な経験も活かしつつ、意外な食材を使って美味しくて楽しい料理を提供している。 


生まれと育ち

50+年の人生のほとんどを東京で過ごしているが、実は鹿児島にルーツを持つ九州男児で、生まれも隣県の宮崎県日南市。

現在は奥さんと足立区在住だが、昨年から縁あって青梅市沢井に拠点を設け、足立と沢井を行き来する二重生活。沢井での田舎暮らしをフルに楽しんでいる。

趣味と特技

山歩きやトレランは好きだが、レースにはあまり興味がなく、地図を見ながら道なき道を開拓するのが好き。沢井移住後は近くの山をゴソゴソと探検している。

料理好きが高じ、ここ奥多摩でアウトドアを楽しむ人が気軽に集まれる場所を作りたいと、このカフェを始めることを決意。

メッセージ

あれよあれよと言う間に沢井でカフェを開くことになりましたが、その目的はあくまで山遊びを楽しむ仲間たちのベース作り。

四季を感じる豊かな自然の移り変わりの中で、地元沢井の方たちの力もお借りして、この土地を自分の庭のように思って気軽に遊びに来て欲しいと願っています。



北村ポーリン

生まれも育ちもカナダはトロントの日系三世で母国語は英語。

転勤先のバンクーバーで小原と出会って結婚して来日、幼少時代からアウトドアが大好きで、日本でもアドベンチャーレースやトレイルランニングに熱中し、好きが高じて自らアウトドア会社を立ち上げる。沢井マウンテンカフェでは、代表を務めるアドベンチャーディバズの活動拠点「D-Base]として活用し様々なアクティビティーを担当する。持ち前の明るさとバイタリティーで、ディバズの参加者はもちろんのこと、世界中のアウトドア好きを沢井に呼び寄せるべく頑張ります。